アンケート 日本を飛び出して 2005年10月

日本を飛び出して

海外旅行で見た素晴らしい風景写真。 左側にあるカテゴリーからお好きな場所の景色をどうぞ。

 ブログランキングに参加しています。応援よろしく。  

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)|
  4. ▲この頁の上へ

イエローストーンの草原

  1. 2005/10/17(月) 23:01:49
イエローストーンの草原

2005年5月

イエローストーンの草原はあちこちにたくさんあります。そして草原には川が流れていることが多いのです。そこには野生動物が草を食んでいたり、休んでいたりします。

良く見る野生動物はバイソン(バッファロー)です。バイソンは数匹で一緒にいます。多分家族だと思います。たまに一匹でいるバイソンが見かけられますが、恐らく家族で生活していたうちの雄のバイソンはいつか、その群れから出て行くのでしょう。そうすると他の群れに入るまで一匹でいることになるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

  1. イエローストーン|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0|
  4. ▲この頁の上へ

ツェルマットの氷河

  1. 2005/10/12(水) 17:38:55
ツェルマットの氷河

2001年8月

スイスのマッターホルンが見えるというツェルマットに行った日、天候が良くないのでマッターホルン見物は午後になり、午前中に空いた時間が出来ました。
その時間、とにかく勿体無いから景色は見えなくても良いからクラインマッターホルンというところまでロープウェーで行きました。クラインマッターホルンとは「小さい」という意味で、頂上の形がマッターホルンに似ているところからこの名前がついたそうです。小さいマッターホルンとはいえ標高3883mですから富士山よりも高いところです。
クラインマッターホルンに着いたところ、視界は0で雪が舞っていました、でもそこから登山に出かける人や、スキーヤーがいるのです。私はそこにある小さな休憩所で熱いコーヒーを飲んですごすご下りのロープウェーに乗って帰って来ました。
勿論、マッターホルンを望むべくもありません。

その途中のロープウェーの駅で途中下車した時に目の前に氷河がある休憩所で撮った写真です。
この氷河はテオドウル氷河という氷河でしょう。休憩所の前から流れが曲がりだして、見事な景観でした。

  1. スイス|
  2. トラックバック:2|
  3. コメント:3|
  4. ▲この頁の上へ

ギリシャ・メテオラ

  1. 2005/10/10(月) 10:16:47
ギリシャ・メテオラ

2000年3月

ギリシャのメテオラにこんな岩山があります。
ここはキリスト教徒が迫害にあって、岩山の頂上に修道院を作って修行をしていたところです。
岩山の頂上は険しい断崖絶壁なので、異教徒の襲撃を防げたのでしょう。
このメテオラに近づくと、平地からこんな岩山がにょっきり現れます。不思議な光景です。
現在ではこの岩山に行くのに、道路が完備されてバスでも上がって行けますから、多くの観光客がこの断崖絶壁の上に立つ修道院を見学に来ていました。

  1. ギリシャ|
  2. トラックバック:1|
  3. コメント:0|
  4. ▲この頁の上へ

デスバレー砂丘の朝焼け

  1. 2005/10/06(木) 17:41:26
デスバレーの砂丘

2003年12月

アメリカ・カリフォルニア州のデスバレーは冬以外は酷暑で厳しいところです。12月にここを訪れました。

デスバレーのストーブパイプウェルズと言うところに宿を取り、早朝砂丘の写真を撮りに出かけました。前日の砂丘の夕焼けも見事でしたが、早朝の砂丘は赤い砂が朝日に染まって見事な色になりました。
誰もいない砂丘に登ってうねうねと続く砂丘を独り占めして写真を撮れました。
気温は15度くらいでしょうか、歩いていくらか汗をかくと気持ちの良い砂丘の散歩でした。これが夏でしたら、酷暑でとんでもないことでしょう。気温40度をこしてドライヤーの熱風を浴びるようなものですから。

  1. デスバレー国立公園|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:3|
  4. ▲この頁の上へ

デスバレー・標高マイナス87m

  1. 2005/10/03(月) 22:44:02
デスバレー・海抜マイナス87m

2003年12月

カリフォルニア州デスバレーの12月は気温も適当で朝夕は涼しいを通り越して寒い感じでした。これは砂漠地帯で盆地のためでしょう。
写真はデスバレーのもっとも標高の低いところ海抜マイナス87mのBad Waterです。
ここはデスバレーの周囲の山から流れてくる水が溜まって、それが酷暑で水分が蒸発し、塩の平地になっています。
冬ですからのんびりしていましたが、夏のもっとも暑い時期にはこんなところで歩いていたら日干しになってミイラになるかもしれないところです。
  1. デスバレー国立公園|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:3|
  4. ▲この頁の上へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。