アンケート 日本を飛び出して 2006年02月

日本を飛び出して

海外旅行で見た素晴らしい風景写真。 左側にあるカテゴリーからお好きな場所の景色をどうぞ。

 ブログランキングに参加しています。応援よろしく。  

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)|
  4. ▲この頁の上へ

氷河の削ったカール地形

  1. 2006/02/27(月) 17:27:42
氷河の削ったカール

2005年5月

グレイシャー国立公園は素晴らしい景観でアメリカの国立公園の中でもベスト3に入るという評価をする人が多いようです。
まさにその通りで、この公園の中央を横切る道路を登っていくとその凄さに圧倒されます。

このカールは氷河が削った典型的なカール地形で、氷河時代にここを氷河が流れて山腹を削り取ってこのような丸い地形の形を作ったものです。

この写真の手前は緑濃い深い谷間で一番底には川が流れています。周囲は雪をいただいた3000m以上の山でその大自然の中を車で登っていくのはなんとも爽快な気分でした。
スポンサーサイト

  1. グレイシャー国立公園|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:1|
  4. ▲この頁の上へ

ローガンパス2000mの駐車場

  1. 2006/02/24(金) 22:22:00
ローガンパスの駐車場

2005年5月

グレイシャー国立公園のGoing To The Sunと言う名前の道路の最高地点はローガンパスというところです。ここは標高2000mの峠です。
5月に訪れたときには道路の除雪が終わっていて、このローガンパスに車で簡単に行けました。
道路整備のおかげと感謝です。
駐車場周囲の除雪されていないところは結構雪がたくさん残っていました。

写真はローガンパスの駐車場です。最盛期の7月にはこの駐車場に入るには、駐車スペースがなくて大変なのだそうですが、5月のこの時期に訪れる人は少ないので、ご覧の通りに空いていました。
背後に見える建物がビジターセンターで、ビジターセンタの裏手から、このあたりのトレッキングにでるコースがあって、何人かの人は雪の中のトレッキングに出かけていました。スキーを持って出かける人もいます。

  1. グレイシャー国立公園|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0|
  4. ▲この頁の上へ

神秘のマリーン湖

  1. 2006/02/23(木) 23:20:22


2003年7月

カナダの奥にあるマリーン湖は細長い大きな湖です。
周囲の万年雪の水を溜め込んでいます。周囲の山が石灰岩地質なのでこの湖に流れ込む水はわずかな石灰が入り込んでいて、それがこの湖の色をエメラルドにしてさらにこの景色を素晴らしいものにしていました。

この湖の更に奥に行く観光船が出ています。入り口の近くにある観光船乗り場から乗って30分くらい行くとそこは写真のようなごくごく小さな島があります。島と言えるほどの大きさではないのでなんと読んだらいいのでしょうか。
画面中央の針葉樹の生えたところを前景に奥にある、雪山の景色を撮った写真がカナダの紙幣に使われています。
それで、このマリーン湖の奥が有名になったのです。
確かにここに行ってこの小さな島を眺めると、神秘的な感じがしました。
湖の景色は夕方が良いと言う事なので、最終の観光船に乗り込みました。
残念ながら奥にある雪山にガスがかかって遠くが見通せません。
でもそれがかえって神秘的な景色にしたように思えます。

  1. カナダ・ロッキー|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:6|
  4. ▲この頁の上へ

5月のグレイシャー国立公園

  1. 2006/02/12(日) 14:30:19


2005年5月

標高1000mくらいのマクドナルド湖あたりは森林の中の道を行くので、周りの景色を遠くまで見通すことは出来ませんが、ローガンパス近くの標高2000m近くになると、景色の素晴らしさは抜群です。
深い谷、その向うの雪山、そんな景色を見ながらどんどん車を飛ばして行ってしまうと、こんな景色を写真に撮れません。それで、ところどころ道路の広くなったところで駐車して、写真を撮りながら行きました。

  1. グレイシャー国立公園|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:1|
  4. ▲この頁の上へ

5月のローガンパス

  1. 2006/02/08(水) 23:49:10
ローガンパス

2005年5月

5月のグレイシャー国立公園のローガンパスはまだ雪のたくさん残る場所でした。
下から登っていくと、だんだん森がなくなって、針葉樹ばかりの林になって、さらに登ると周囲は木々がなくなります。そうなると、雪の残る場所が多くなりました。
5月はローガンパスへの道路の雪かきが終わって車が通れるようになるのですが、冬の間に積もった雪が道路を壊します。それであちこちが一方通行になっている工事中のところがたくさんあります。
山の中腹を削って道路に仕立てるのですから、自然破壊で道路が崩れるのは当然です。
  1. グレイシャー国立公園|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:1|
  4. ▲この頁の上へ

Going To The Sun Road

  1. 2006/02/05(日) 16:10:27
Going To The Sun Road

2005年5月

この道は2000mのグレイシャー国立公園ローガンパスに登る途中の光景です。
右手に見える道を登ってきて、あと30分もすればローガンパスに着く頃の景色です。
グレイシャー国立公園の西の入り口から、マクドナルド湖を通って来ました。5月の標高1000m以下のところは、白樺か岳かんばの若葉の見えるところですが、標高が上がるにつれて針葉樹が増えて、雪をいただく3000m級の山が見えてきます。
  1. グレイシャー国立公園|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0|
  4. ▲この頁の上へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。