アンケート 日本を飛び出して 2007年10月

日本を飛び出して

海外旅行で見た素晴らしい風景写真。 左側にあるカテゴリーからお好きな場所の景色をどうぞ。

 ブログランキングに参加しています。応援よろしく。  

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)|
  4. ▲この頁の上へ

デリケートアーチの舞台

  1. 2007/10/19(金) 22:47:09
デリケートアーチ

アーチーズ国立公園Arches NP)のデリケートアーチはこんな広場の端に建っています。デリケートアーチまで行って向こうを覗くとそこは崖になっていました。
この広場は結構傾斜がきつくて、体が傾斜の下のほうに傾くので雨の後は少々危険です。ここでカメラのレンズの保護をするフードを誤って手から落としたのを見ましたがあっという間に下に転がっていって見えなくなりました。

デリケートアーチを見に来た人は、この左手の影の部分にある観覧席のような岩の上にいて夕方になるのを待っています。でも、ここに来た観光客は記念にあのデリケートアーチの下に立って記念写真を撮りたがります。多くの人がアーチの下まで行って撮影者に合図を送り写真を撮っています。ですから、デリケートアーチに人間のいない写真はなかなか撮影することができません。次から次と記念撮影する人が引きをきりません。

周囲の岩とデリケートアーチを見ると、同じ地層が続いていたのを見ることができます。でもどうしてデリケートアーチはあんな形に綺麗にアーチになったのでしょうか。不思議です。まさに自然の奇跡です。
スポンサーサイト

  1. アーチーズ国立公園|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:3|
  4. ▲この頁の上へ

ザイオンの谷深く

  1. 2007/10/12(金) 23:33:27
ザイオンの谷深く

エンジェルスランディングに登る途中に見下ろしたザイオンの谷です。ザイオンの谷は写真奥に向かって延びています。
バージン川が奥から手前に蛇行して流れ、道路はバージン川に沿うようにザイオンの谷奥に向かっているのが見えます。
この崖の落ち込みは400m以上です。エンジェルスランディングに登るために、あの下の道から登ってきました。
写真左手に赤い岩の崖が続いて細い崖がザイオンの奥に向かっていますが、ここはWest Limと呼ばれるトレッキングコースになっています。このエンジェルスランディングに登る道の途中から分かれてWest Limに行きます。
  1. ザイオン|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:3|
  4. ▲この頁の上へ

ザイオンの谷

  1. 2007/10/07(日) 22:49:17
ザイオンの谷

エンジェルス・ランディングに登る途中で撮った一枚です。谷間には蛇行するバージン川、その向こう岸に道路が見えています。
ザイオンの面白いところは、背後の山に見るように異なる地質の岩でザイオンが形成されているところです。もう少しザイオンから南に下って、モニュメントバレー、北に上ってアーチーズ国立公園などは赤い岩の光景ですが、ザイオンは白い(灰色)の地質の岩で出来上がった山が混ざっていることです。
この地質の違いでザイオンの景色はバラエティーに富んだ景色を見ることができます。

この写真の左手にちょっとだけですが垂直に落ち込んでいる赤い岩の山が見えますが、これがエンジェルス・ランディングです。ここから見るエンジェルス・ランディングは垂直の岩場に見えますが、登山コースは勿論こんな険しいところにはなくて、もっと左手に回り込んでそこからエンジェルス・ランディングに取り付きます。
  1. ザイオン|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:5|
  4. ▲この頁の上へ

アンテロープのスポットライト

  1. 2007/10/05(金) 11:59:36
アンテロープのスポットライト

アメリカ・アリゾナ州のアンテロープ・キャニオンの内部に入ると上部の岩の割れ目から陽が落ちてきていました。それがアンテロープの通路にスポットライトのように地面に降りてきています。
このキャニオンには多くの観光客が入っていますから、撮影は観光客の整理をして、撮影の時に人が来ないようにガイドが整理してくれます。人が歩くと通路の砂が舞い上がって空中には細かい砂が浮遊しています。それに光が当たるとこのように光の当たった部分が綺麗に見えるようになります。
もっとはっきり写すために、ガイドが地面の砂を拾い上げて空中に蒔く事もしてくれますが、あまりにも砂が多いと強調されすぎて不自然になります。それで、蒔き終わってからいくらか待ってから撮れば自然に見えるようになります。
このようにキャニオンに光が入ってスポットライトのように撮るにはキャニオンに入る時間を合わせないといけません。昼の12時から1時の間に入ることです。その時間帯は入場料金も高めに設定されていました。
  1. アンテロープ|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:3|
  4. ▲この頁の上へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。